しじら織の長尾さんと

青山スクエアの伝統工芸センターで。
| きもの関係 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
お正月のウィンドウ
20150102103916.jpg明けましておめでとうございます。本年もお引き立てのほど、宜しくお願いいたします。暮れにお知り合いになりました太田鶴舞齋先生がとても素敵なお花を活けて下さいました。あまりに素晴らしいので今年はウィンドウを開けたまま、夜もライティングしています。初売りは5日からですが、ぜひみてください。
 きもの千歳屋

ご生花は、苔松に2種の千両、白菊に葉牡丹。花入れは京焼きで井戸を模しているそうです。これだけでも見応えがあります。

帯は「登龍門」鯉は天に登って龍になる故事から京都西陣老舗機屋舞鶴織物の「青銅箔」袋帯。留袖から色無地までお祝いにしめてあげて下さい。
右は貝桶を模した源氏物語54帖を表した貝合わせの飾りもの。名古屋の徳川美術館を建てるときに資金集めに創られたレプリカだそうで、本物は美術館にあるとの事ですが、いまだに確認してません。
一段に6枚ずつ全部で54枚あり、とても美しいので毎年お正月だけ飾っています。

今和文化が危機に瀕しています。今年は礼法や水引の作法などの和文化セミナーも定期的に開催できたらと考えております。千歳屋のメルマガなどでもお知らせしていますので、ぜひ気軽にご参加下さい。

きもの千歳屋
| きもの関係 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |