群馬で養蚕業参入相次ぐ

 群馬で養蚕業参入相次ぐ 「富岡」の世界遺産で県産絹に脚光

    2016/7/23 7:01
    日本経済新聞 電子版

   

群馬県で個人や企業による養蚕業の参入が目立っている。「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録で、地元産の絹に対する需要が増加。自治体などの手厚い補助金も追い風となっている。県は参入希望者の技術向上を支援するため、今年から実践研修制度を始めた。もっとも補助金に依存した収益構造を疑問視する声もある。

「温度、湿度に風通しの調整、飼育環境の細やかな対応が大事だ」。甘楽町の地域おこし協力隊員、浅井広大さん(27)は7月から富岡市の養蚕農家、金井一男さん(75)のもと蚕の飼育研修に励んでいる。研修は朝5時から夜9時ごろまで、桑の葉の採取や生育段階が異なる蚕の仕分けなど一連の工程を学ぶ。

浅井さんは研修を終えた後、今秋から甘楽町が整備した施設で養蚕を開始する予定だ。「養蚕業には可能性がある、自立したい」との思いに、金井さんも「若者が関心を持ってくれるのはうれしい」と歓迎する。

群馬県は今年から養蚕の担い手育成プログラム「ぐんま養蚕学校」を始めた。まず、5〜6月に参入希望者16人が県蚕糸技術センターで飼育実習などの研修に参加。このうち、2年以内の参入をめざす、浅井さんを含めた7人が農家での実践研修に進んでいる。

7人は20歳代〜70歳代と幅広く、脱サラしてまで始める人もいる。県はこれまで参入希望者には個別に農家を紹介していたが、希望者が増えたことで「体系的に取り組むことにした」(県蚕糸園芸課)。来年度以降も継続していく計画だ。

群馬県の2015年の繭の生産量は前年比1%増の4万7355キログラムと、32年ぶりに伸びた。養蚕農家の戸数は137と6戸減ったが、1戸あたりの生産量が増加した。今年も生産量は前年を5%程度上回る水準で推移しており、県蚕糸園芸課の岡野俊彦・絹主監は「2年連続の増加を狙いたい」と意気込む。

企業の参入も増えている。富岡製糸場の前で絹を使った化粧品を販売する絹工房(富岡市)は15年に養蚕を始めた。地元の養蚕業の衰退で自社分の需要が賄えなくなるとの危機感からだ。市内のシイタケ小屋2棟を借り受けて養蚕ができる施設に改修。養蚕技術を学んだ社員3人が作業を担当する。

夏場は屋根にホースを取り付け、水を断続的に流して室温を下げる工夫を施した。しかし蚕が食べる桑の採取が追いつかず、今年の繭の生産量は当初の目標800キロに対して500キロにとどまる見通しだ。

米満正和顧問(66)は「まだ手探りの状態。スキルを高め、生産量を拡大していきたい」と話しており、新たな養蚕施設を設けることも検討している。来年は1トン、将来は5トンの生産を目指す。

| 純国産シルク | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京シルクがNHKのニュースに。
世田谷区砧にあるNHK研修センターで毎年新人研修?が行なわれ、研修の最後の模擬番組つくりにこの度千歳屋の「東京シルク」を取り上げたいと依頼がありました。アナウンサー志望のIさん(女性)が注目してくれたおかげで、この度模擬ではなく本物のニュースで「東京シルク」を紹介していただけることになりました。

 今月15日頃に正式発表になる富岡製糸場の世界文化遺産指定のニュースがきっかけで、わずかに残る国産シルクが注目されている今!
「いつやるの?今でしょ!」の勢いでいかなる取材であろうとも、ドンドンお会いして「東京シルク」の名を日本中に世界中に広げていかれたらと願っています。取材に当たっては出演のメンバーの皆様にたいへん朝の早いうちからご足労いただき、誠にありがとうございました。
詳しくはNHKのHPに詳しくのっていますので、ご覧下さい。
 

平成26年6月2日(月)午前7時45分頃から放送   
NHKおはよう日本@関東甲信越 特集
“東京シルク” を守りたい!
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20140602.html

| 純国産シルク | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
霞ヶ浦の蚕糸技術研究所

4/10に茨城県の霞ヶ浦にある「蚕糸技術研究所」に多摩シルクで大変お世話になっている平尾先生ご夫妻とご一緒にうかがいました。広大な敷地にたくさんの建物があり、専門の研究者が常駐しています。現在日本で生産されている蚕糸の全てがここから生まれているのです。

先生は昨年秋、長年の研究成果に「貞明皇后蚕糸科学賞」を受勲され、その研究がこちらの施設で役に立っているとのこと。内容は絹の中性精錬についてなのですが、私には難しくて説明できません。ただ通常のアルカリ精錬にくらべ使用済みの精錬残液が中性のため再利用ができるとのこと。絹の特徴であるセリシンが大量に溶け出しているため、その利用領域は無限にあるかも。また糸の負担も少ないともことで、天然染料の発色もとてもよいとのこと。

この施設は、日本で唯一つ、蚕の種をほとんど全て保存しているところです。日本の風土に合って江戸時代(時にはもっと昔からの)から使われたものやその後高度な日本の技術力を駆使し品種改良してできた日本独自のものが保管冷蔵されています。

ここで驚いたのは、この卵(500〜600種?)を毎年交配させて新たに卵を作り直していることで、5月から10月頃まで職員の方はほとんど休みがないほど、忙しいとのことです。冷蔵した卵から生まれなかった蚕に優れた遺伝子が含まれている可能性があるためで、その可能性をなくしてしまう危険があるそうです。

実際に金庫室のような冷蔵室に入れていただき、蚕の卵を拝見。冷蔵室は2畳くらいの広さで孵化させるために温度別に3〜4室あるそうです。皇居の紅葉山ご養蚕所の卵や管理にも深くかかわりのある施設で、平成17年には天皇ご夫妻もご見学にこられています。

その後、霞ヶ浦に一昨年できた「予科練記念館」や自然あふれる「霞ヶ浦総合公園」をご案内いただきました。東京からだと首都高速と常磐道・圏央道を経由して1時間少しで行かれ、近くに高さ100Mの日本一?の牛久大仏と阿見アウトレットもあります。


http://www.town.ami.ibaraki.jp/yokaren/


外観
| 純国産シルク | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
150こ位できました。
20121004192258.jpg今回の蚕は只今開発中の新種を特別に分けていただきました。黄色は表面だけで精練すると白くなります。不思議ですね。この後今月20日から店頭で糸とり糸繰りといいますをやります。誰でも参加できますのでお楽しみに。
| 純国産シルク | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
繭掻きしました。
20121004191216.jpg繭をまぶしから取り出しました。繭掻きといいます。今年はよい桑の葉をたくさん食べたので大きくてしっかりした繭になりました。
| 純国産シルク | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
繭は明日から店頭に出します
20120929005618.jpgあと2日位で全て完成します。

20120929010431.jpg
藁まぶしは玉繭が出来やすいと聞いてましたがすでに何個も作ってます!普通は1、2パーセント位
| 純国産シルク | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
繭を作ってます!
20120929004537.jpg例年の事ながら神秘的でエネルギッシュです。
| 純国産シルク | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただいま蚕の飼育中!
20120922150130.jpg今年も悟られないうちに蚕の飼育をやってます。苦手な方もおいでですので。あと1週間位で繭をつくります。
| 純国産シルク | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
小谷田さんの奥さん
20120912130041.jpgこの道半世紀。よいお顔してます。
| 純国産シルク | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
蚕をもらいました。
20120912130008.jpg八王子の小谷田さんから蚕をもらいました。3齢になったばかり。2センチ位さていい繭を作ってくれるかな。
| 純国産シルク | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>