<< きものDE落語の会ご報告 | main | 慶応還暦の会にいってみました。 >>
群馬で養蚕業参入相次ぐ

 群馬で養蚕業参入相次ぐ 「富岡」の世界遺産で県産絹に脚光

    2016/7/23 7:01
    日本経済新聞 電子版

   

群馬県で個人や企業による養蚕業の参入が目立っている。「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録で、地元産の絹に対する需要が増加。自治体などの手厚い補助金も追い風となっている。県は参入希望者の技術向上を支援するため、今年から実践研修制度を始めた。もっとも補助金に依存した収益構造を疑問視する声もある。

「温度、湿度に風通しの調整、飼育環境の細やかな対応が大事だ」。甘楽町の地域おこし協力隊員、浅井広大さん(27)は7月から富岡市の養蚕農家、金井一男さん(75)のもと蚕の飼育研修に励んでいる。研修は朝5時から夜9時ごろまで、桑の葉の採取や生育段階が異なる蚕の仕分けなど一連の工程を学ぶ。

浅井さんは研修を終えた後、今秋から甘楽町が整備した施設で養蚕を開始する予定だ。「養蚕業には可能性がある、自立したい」との思いに、金井さんも「若者が関心を持ってくれるのはうれしい」と歓迎する。

群馬県は今年から養蚕の担い手育成プログラム「ぐんま養蚕学校」を始めた。まず、5〜6月に参入希望者16人が県蚕糸技術センターで飼育実習などの研修に参加。このうち、2年以内の参入をめざす、浅井さんを含めた7人が農家での実践研修に進んでいる。

7人は20歳代〜70歳代と幅広く、脱サラしてまで始める人もいる。県はこれまで参入希望者には個別に農家を紹介していたが、希望者が増えたことで「体系的に取り組むことにした」(県蚕糸園芸課)。来年度以降も継続していく計画だ。

群馬県の2015年の繭の生産量は前年比1%増の4万7355キログラムと、32年ぶりに伸びた。養蚕農家の戸数は137と6戸減ったが、1戸あたりの生産量が増加した。今年も生産量は前年を5%程度上回る水準で推移しており、県蚕糸園芸課の岡野俊彦・絹主監は「2年連続の増加を狙いたい」と意気込む。

企業の参入も増えている。富岡製糸場の前で絹を使った化粧品を販売する絹工房(富岡市)は15年に養蚕を始めた。地元の養蚕業の衰退で自社分の需要が賄えなくなるとの危機感からだ。市内のシイタケ小屋2棟を借り受けて養蚕ができる施設に改修。養蚕技術を学んだ社員3人が作業を担当する。

夏場は屋根にホースを取り付け、水を断続的に流して室温を下げる工夫を施した。しかし蚕が食べる桑の採取が追いつかず、今年の繭の生産量は当初の目標800キロに対して500キロにとどまる見通しだ。

米満正和顧問(66)は「まだ手探りの状態。スキルを高め、生産量を拡大していきたい」と話しており、新たな養蚕施設を設けることも検討している。来年は1トン、将来は5トンの生産を目指す。

| 純国産シルク | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kimono.chitoseya.com/trackback/1024518
トラックバック