<< 今日のお花 | main | 原点に立った夢のある店(平成10年染織α掲載) >>
男性の第一礼装について
先日、男性の礼装についてご質問をいただきましたので、覚書としてUPしてみました。

紋付羽織袴は、祝儀にも不祝儀にも

男性の和装第一礼装は、紋付羽織袴のひと揃い。祝儀・不祝儀の両方に着用できます。
祝儀の日の紋付は黒羽二重染め紋抜き五つ紋で、下に白・薄茶・薄鼠などの羽二重の長じゅばんを着用します。
袴は仙台平などの馬乗袴(うまのりはかま)が正式とされていますが、最近の結婚式場などでは行燈袴(あんどんはかま)も用いられています。羽織は黒羽二重染め抜き五つ紋に、白絹のより返り房あるいは丸組・平組の羽織紐をつけます。足袋は白羽二重か白のキャラコ。履物は畳表に臼皮か白絹鼻緒の草履が正式です。


ー方、不祝儀の際の装いは時代とともに変わってきました。現在では長着は重ねないのが普通。半衿は黒か鼠色、濃紺。羽織紐は鼠色か黒で、白足袋に黒鼻緒の草履が正式とされています。
(以下店主加筆)
なおお祝い礼装は白い扇子(白扇)ですが、お悔やみのときは、最近グレーの扇子が製造されています。

元装道きもの学院長・小笠原流礼法師範 滝沢静江先生の「礼装の語り」より抜粋。
| きもの情報 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tchitoseya.jugem.jp/trackback/920846
トラックバック