<< 20年ぶりのエアコン工事 | main | 蚕糸・絹文化シンポジウムが開催されます。 >>
七夕の笹飾り
今朝、七夕の笹を処分し、願い事が書かれた短冊をまとめました。
毎年喜多見の氷川神社に奉納してもらっています。
早いもので独身の頃から もう25年くらいになりますか。

最初は、今回のような子ども祭りをやろうとしたら、商店街では積極的なひとが少なくて、それなら飲み仲間でやるかということになり、毎年七夕のころの日曜日に、子ども縁日をその頃のはやりで「いいともひろば」と名づけて、10年くらいやっていました。

そのころは、七夕の笹飾りも20本くらい参加してくれて、それぞれのお店で
福引券とは別に「縁日券」を子どもたちにプレゼントして、当日その券で、
焼きそば、わたあめ、ぽぷコーン、フランク、などが楽しめました。

一度ひんしゅくをかいましたが、豆腐投げは結構評判で面白かった。ベニヤをく
りぬいて出ている顔にめがけて思いっきり投げる。その他じゃんけん勝ち抜き大
会、優勝者には豪華景品!プレゼント。売れ残りとか在庫とか、それでも結構い
いものがでました。

それから20年。

今年はやまとやとうちだけの2軒になりました。
昨年まで参加していた○○君は昨年の七夕の直後、健康診断から肺が
んが見つかり、急遽入院、店も閉めて現在、闘病中です。私と同い年。
今年の七夕は、感慨深いものがありましたね。

いつまで続けられるかわかりませんが、毎年終わって「やってよかったな」と感
じられるうちは、元気な証拠かなと感じています。
長くなりましたが、こんな思いを今度は、次の世代の子どもたちにつなげ
ていけたらと思います。
| 商店街 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kimono.chitoseya.com/trackback/970110
トラックバック